おやじのいくじ。

45歳で子宝に恵まれたおっさんの独り言。

口と絵の上達

保育園に娘のお迎えに行くと。
部屋から走り出してきて。
満面の笑みで。
「パパ〜抱っこしてえ〜〜」
抱き上げる。
保育園の先生と申し送りする。
保育園の先生、その場を離れる。
娘、耳元で囁く。
「今日は、ママが遅いの?」
「そうだよ」
「あのね、パパに言いたいことがあるの」
「なーに?」
「ほんとはね、パパとネンネしたくないんだ」
「…。」
「でもだいじょうぶ、パパとネンネするときは目をつぶるから」

無理をさせてすまないのう、娘よ。

こんな感じで表現力を上げてきている娘。

ママと口論になっても、なかなか折れない事もしばしば。その対応が面白くて、叱ってたはずなのに、笑ってしまう事も。

「そろそろママの堪忍袋の緒が切れるよ!」と厳しい表情で言っていても。

「そうだよね、ママの『犯人袋の緒』が切れるよね」とわざと言い間違えてみたり。

 

先日帰宅すると、黙々と描きものをしていた。

のぞいてみると、なんとそこにはパンダやウサギらしき姿が。

f:id:funvox2020244:20170826060552j:image

ついこの間までは右側のような、グシャッとした線の塊だったのに。

最近読んだこちらの書籍によれば。

f:id:funvox2020244:20170826061100j:image

大方の子供がほおっておいても絵を描き出すのは、何らかの意味がある行為なので、以下の三点を心に留め、その絵を描く様子を楽しむと良いと。

①たっぷり素材を与えること

   いつも絵を描く場所、色んな彩色文具など環境を整えることが良いそうです。

②たっぷりその時間を与えること

   親の都合でその集中してる時間を妨げないことが大事だそうです。

③たっぷりほめてあげること

   絵の途中で口出しせず、描き終えた作品に対してたっぷり褒め、関心を面白がってあげることが大切だそうです。

なるほど。

絵を描くのが好きな親としては、早く「上手に」描ける事を期待して口出し手出ししてまいそうですが、気をつけよう。

 

 

七五三の前撮り

最近は色んな業種でONE STOPのサービスが充実していて、利用者としては「自分ですべきこと」が減ってありがたい限りです。

娘の七五三。

こちらもなんと最近は、「着付け」「お参り」「記念写真」の三点セットを、写真館が神社とコラボしてまして。

しかも「記念写真」は七五三当日よりも少し前に、ゆったり撮影してくれて。おめかしに時間を要する婦女子にはこの上ないサービスだと思われます。当日にお化粧、着付け、撮影、お参り、また撮影という流れは、集中力に欠ける3歳児にはストレスでしょうから。特に最近、関心事が増えて集中力散漫な我がムスメには最適かと、このサービスを利用させてもらいました。

写真館に入るとまずはメイク。

f:id:funvox2020244:20170720094758j:image

初ファンデーションに緊張気味も嬉しそう。

続いて髪飾り選び。

f:id:funvox2020244:20170722110214j:image

「どれもいいなぁ」

f:id:funvox2020244:20170722110234j:image

 そしてこの後、事前に選んでおいた着物に着替え、いよいよ撮影です。

f:id:funvox2020244:20170722111038j:image

嬉しくて顔まん丸になりました。

f:id:funvox2020244:20170722111134j:image

違うセットでの撮影もして頂きご満悦。

f:id:funvox2020244:20170723074749j:image

f:id:funvox2020244:20170723074846j:image

f:id:funvox2020244:20170723074911j:image

この日、テンションマックスだったのは、大好きなプリンセス風の衣装を着せてもらえた時でしょう。

f:id:funvox2020244:20170723075100j:image

上機嫌でございました。

f:id:funvox2020244:20170723075135j:image

しかし。

一緒に写真撮ろうと言うと。

「パパ、こわい〜」と逃げられる始末。

f:id:funvox2020244:20170723075243p:image

着物によって僧侶感アップで違和感だったのかも。

 

撮影後は近くの中華屋さんでお疲れ様会。

大好きな冷やし中華を頬張り、

「いい仕事したなーっ」って感じのムスメでした。

f:id:funvox2020244:20170723075446j:image

 

 

 

 

 

 

 

lohas design award 2017

先日、パパ友のO氏に紹介頂いた、lohas design award 2017に、ムスメを連れてまいりました@炎天下の新宿御苑

f:id:funvox2020244:20170522082728p:image

会場内には、木でできたおもちゃや遊具がワンサカ用意されていて、大人も子供も夢中になって遊んでおりました。

f:id:funvox2020244:20170522082819p:image

f:id:funvox2020244:20170522082833p:image

ムスメも早速「遊びたーい」と走り出し、あれこれチャレンジ

f:id:funvox2020244:20170522083340j:image

先ずは1番目立つ木製のジャングルジム。

登ったり潜ったり。

f:id:funvox2020244:20170522083011j:image

f:id:funvox2020244:20170522083235p:image

次に木製のボールプール。

f:id:funvox2020244:20170522083323j:image

ここでは持ち前の整理癖を発揮。

「まん丸と玉子だよ」と2種類のサイズに分けて並べ。

f:id:funvox2020244:20170522083458j:image

「はい、パパに枝豆でーす」とこちらを渡されました。

f:id:funvox2020244:20170522083623j:image

さて次は輪投げ。

構えてー。

f:id:funvox2020244:20170522083717j:image

えいっ。

f:id:funvox2020244:20170522083748j:image

ほぼ投げてないし。 

お次はボルダリングに挑戦。

f:id:funvox2020244:20170522084049p:image

本来、横に進むんですが、上に登りたいらしかったので、乗せてあげると。

f:id:funvox2020244:20170522084243p:image

何故か東の方角を拝み始めました。

高いところから見つけたのか、すぐ側にあった「部屋」に入ると、お友達の間隙を縫ってなにやらこそこそ。

f:id:funvox2020244:20170522190748p:image

 「はい、朝ごはん出来ましたよ〜」と。

f:id:funvox2020244:20170522191745j:image

圧迫感の後は、開放的なこちらのコーナーで、バランス感覚を確かめる遊びに興じました。

 f:id:funvox2020244:20170522191821p:image

 身体を使う遊びを沢山したので、少し早めに近くの芝生で昼食を摂りました。

昼食後に真っ直ぐ向かったのが、カズーという笛を作るブース。作ると言っても絵や文字を描いて、飾りを貼り付けるなど、幼児にも簡単に取り組める内容です。

f:id:funvox2020244:20170522192423j:image

完成したのが、こちら。

f:id:funvox2020244:20170522192446j:image

このカズー、音を出すのに少しコツが要ります。ただ吹くのではなく、「ブー」とか発声しながら吹くと音が出ます。難しいので、イライラしちゃうかと思いましたが、案外簡単に吹きこなしてました。

クリエイター魂に火がついたのか、次に向かったのが、木のカメラ作り。

f:id:funvox2020244:20170522192710j:image

おじさんの指導を緊張気味に聞きながら、トンカチで二箇所パーツを打ち付け、好きなスタンプを押せば完成です。

f:id:funvox2020244:20170522192851j:image

カメラの下の木っ端は、木こり体験で切り出した物に、焼印を押してもらったものです。

f:id:funvox2020244:20170522192951j:image

この木っ端、焦げた匂いが残ってて、「焼き芋だよ〜」と上機嫌。

クリエイト系に飽きたのか、「これやってなかったよ」とこちらの「森の音」の箱に入ると。

f:id:funvox2020244:20170522193223j:image

「パパ、ポンポンしてよ」と注文。

f:id:funvox2020244:20170522193300j:image

この近くには、立ててある木琴があり、これにも挑戦。

f:id:funvox2020244:20170522193359j:image

しかし、思った音のイメージと違ったのか、暴挙に出るムスメ。

f:id:funvox2020244:20170522193446j:image

 おいおい。

会場の片隅ではステージが設置されており、こんなラインナップで会場を盛り上げてました。

f:id:funvox2020244:20170522193600j:image

ムスメは北野理沙さんのステージが始まると、「パパは近づかないでね」と言い残し、少し離れた場所で、その澄んだ美しい歌声にじっと聴き入り始めました。

f:id:funvox2020244:20170522193701j:image

オーディエンスが増えてくると、僕の所に戻ってきて。

「ベビーカーに座ってジュース飲みながら聴こうかな。聴いたら、お家に帰ろうか」と提案してきました。

そして20分の演奏が終わると同時に、昼寝に落ちておりました。興奮して疲れたのかな。

今年初めて参加しましたが、存分に楽しむことが出来ました。各ブースに居た担当の皆さん、子供達への対応が凄く親切丁寧で有り難かったです。これでお酒のブースがあればと望むのは贅沢ですね…。

✳︎新宿御苑はお酒の持込/飲酒禁止です。

 

 

 

成長は急激に。

子供の成長は、ある日突然急激に伸長することがあるようです。

我がムスメ。ついこの間まで、クレヨンや鉛筆を持つと、このように直線を描くことくらいしかできませんでした。

f:id:funvox2020244:20170422123118j:image

しかし、先日入浴中、風呂用クレヨンで夢中になって壁に何かを描いてると思いきや。

f:id:funvox2020244:20170422123208j:image

アンパンマンだよ!』と。

驚きました。

いつの間にか、曲線、直線を使い分け、円との組合せを描けるようになってました。

そして、そこはかとなく似てます。

ものの本によると、このように丸と直線で顔を描くようになると、顔から手足が飛び出てるような絵を描くそうです。

それがこちら。

f:id:funvox2020244:20170422131245j:image

これは、アナ雪のエルサだそうです。なので、飛び出てるのはスカートのようです。

この段階を経た後、胴体を描き、そこから手足が生えた形になるそうです。

それがこちら。

f:id:funvox2020244:20170422131414j:image

ここまで、なんか、一気に進歩しました。

試しに『まっくろくろすけ、かける?』とお願いすると、『あー、あの毛が短いのだよね〜』と言いながら描いたのがこちら。

f:id:funvox2020244:20170422131600j:image

むむむ、です。

絵を描いたり観るのが好きな親としては、とても嬉しい事です。このまま、描く事が好きなまま、成長して欲しいと願うこの頃。

そんなある日。

児童館で利用申し込みを書いてたところ、「あたしも書きたい!」とうるさいので、紙と鉛筆を渡したところ、書いたのがこちら。

f:id:funvox2020244:20170422132008j:image

「さわちゃん、字もかけるんだー」といって、これを受け付けボックスに入れようと。

ムスメよ、児童館の人が悩むよ、と思いつつ、ひっそりと回収。

枠の中に字を納めていて、それらしい感じではありますが。

 

つきもんがい 第2回 月島メンチ

私、生まれが吉祥寺。

3歳まで住んでおりましたが、その当時の記憶なんぞ、もはやございません。

しかし、ダイヤ街行列の有名店「佐藤のメンチ」の匂いをかぐと、ノスタルジーを感じます。お店の創業年数と私の年齢を重ねると、微妙にあってないんですが。それでもメンチカツの匂いには、独特の郷愁を感じるのです。

 

そんな私の鼻がぴぴぴと反応したのが、こちらのお店、「月島めんち」。この春にオープンしたばかりです。偶然見つけました。

 

f:id:funvox2020244:20170406122456j:image

 メニューはこちら。

f:id:funvox2020244:20170406122532j:image

 本日は、勿論、めんちバーガーを頂きます。

ランチ会場は、最寄りの月島三丁目児童遊園です。

f:id:funvox2020244:20170406122558j:image

 この公園、平日昼間はなかなかの穴場です。

f:id:funvox2020244:20170406122610j:image

 早速開封したいと思いますが、「おい、きたろう!」という声が聞こえそうな見た目に少し怖気づきます。

f:id:funvox2020244:20170406122624j:image

 オヤジ…では無く、包装をあけるとケチャップベースのソースのかかった真ん丸いメンチが現れました。

f:id:funvox2020244:20170406122643j:image

 ガブリとやると、肉ジル滴る良い男!

f:id:funvox2020244:20170406122654j:image

 サイズ的に男性はもう一つ、コロッケバーガーもあった方が腹持ちは良いと思います。

f:id:funvox2020244:20170406122705j:image

桜と穏やかな川面を眺めつつ頂く、偶然出逢った月島めんち。春は別れと出会いの季節。人との出逢いも大切にしないとな、と改めて思うのでした。

ごちそうさまでした!

 

【今日の言葉】

   我逢人 (がほうじん)

意味:出会うことから全てが始まる。出会った人は自分と違う何かを持っている。出逢いは自分の成長の種。出逢いを大切に。

 

兵庫島公園

気温が25度を超えると言うので、今年初の水遊びでもしようと、二子玉川駅からわずか五分の所にある河川敷公園の「兵庫島公園」に行ってきました。

f:id:funvox2020244:20170416174842j:image

f:id:funvox2020244:20170416174911j:image

1358(正平13)年に新田義貞次男である新田義興の従者だった由良兵庫助が、調略にあって自害。そのご遺体が流れ着いた辺りなので、弔いの意味で兵庫島と名付けられたという、血生臭い過去を持つとは思えない、穏やかで明るい雰囲気の水辺公園。

到着するとサンダルを履いて水対策ばっちりに。

すぐさま駆け出したムスメ。

f:id:funvox2020244:20170416175220j:image

川に浸かるのかと思いきや。

f:id:funvox2020244:20170416175323j:image

何やら座り込んで、摘んでおります。

お皿くーださーい、と言うので、ペットボトルを利用してコップを作ってあげると。

f:id:funvox2020244:20170416175409j:image

f:id:funvox2020244:20170416175538j:image

どうやら、「料理」をしてくれたみたいです。

f:id:funvox2020244:20170416175615j:image

しばし、「料理」に夢中のムスメ。

川に浸かる気配なし…。

集中してお腹が空いたようなので、早目のランチは大好きなおむすびを頬張りました。

f:id:funvox2020244:20170416175800j:image

 さて、満腹になったところで、「兵庫島」の丘に登頂します。拾ったシロツメクサのネックレスをぶら下げて満足気に。

f:id:funvox2020244:20170416180246j:image

丘の上も程々広いのに、ムスメはまたもや片隅の切り株に夢中。ブツブツ言いながら拾った枝や葉っぱを放り込んでいました。

f:id:funvox2020244:20170416180317j:image

丘の上に公園の案内図がありました。

f:id:funvox2020244:20170416180553j:image

丘を下りて、菜の花が群生してる所を探検。

「それでもカブはぬけません!」と叫ぶムスメ。

それはカブではないよ。

f:id:funvox2020244:20170416180858j:image

f:id:funvox2020244:20170416180758j:image

川岸で釣りの真似事をしたり。

f:id:funvox2020244:20170416180836j:image

「このつりざおで、おさかなつるんだー」

釣られる魚が可哀想…。

 タンポポを吹こうとしますが、風に先を越されてしまい、仏頂面のムスメ。

 f:id:funvox2020244:20170416182313j:image

f:id:funvox2020244:20170416182256j:image

自然の厳しさを知りました。

あちこちで何かを拾い集め、石をテーブルに見立てて、また「料理」をしてました。

f:id:funvox2020244:20170416182900j:image

遊具は何もないけど、飽きることなく遊び続けてました。最後は、草を集めて、

「パパー、おにぎりつくったよ!」と。

f:id:funvox2020244:20170416183359j:image

この公園、天気が良ければ本当に気持ち良く過ごせます。私とムスメは、コンビニで買った食料と飲料のみと言うライトなスタイルでした。敷物や日焼けになる物、折り畳みの椅子なんかあれば、長時間ノンビリ過ごせそうです。

二子玉川駅に近いのも、ここの良い所。河原から五分で駅ビルRISEのトイレが利用できます。オムツ替えもとても楽でした。

この日はこの後、ベビーカーでの昼寝タイムの為に、二子玉川駅から桜新町に歩いて行きました。

桜新町と言えば、サザエさんの街。ムスメはすっかり寝ていたので、寝たままで記念撮影。

f:id:funvox2020244:20170416184008j:image

そして「サザエさん焼き」のお店を発見!

看板が、あのシルエットで素敵です。

f:id:funvox2020244:20170416184112j:image

三個入り450円也を購入。

中身は、波平さんがアンコ、サザエさんがチョコレート、タマがクリームです。

f:id:funvox2020244:20170416184323j:image

桜新町駅周辺は、丁度、桜祭りが開催されていて大混雑でした。

f:id:funvox2020244:20170416184546j:image

ムスメがまだ眠っていたので、オヤツやビールは断念…。早足で駆け抜けました。偉いぞ、自分!

 

 

 

お花見@中目黒

週末になると天候がぐずつくこの春。

満開の桜を晴天の下、満喫したい所ですが、

本日も見事に曇天。

それでも桜を見たいと、やってきたのは

中目黒でございます。

おろろろろーと、唸る人出。

f:id:funvox2020244:20170408181132j:image

両岸の桜満開でした。

f:id:funvox2020244:20170408190808j:image

延々続く満開の桜の風景に、満足気なムスメ。

f:id:funvox2020244:20170408191222j:image

さて、中目黒の花見の楽しみは、食べ歩き。

 美味しそうなお店が沢山出ていて、

桜よりこちらをついつい見てしまいます。

f:id:funvox2020244:20170408190859j:image

f:id:funvox2020244:20170408190916j:image

f:id:funvox2020244:20170408191343j:image

そんな中、誘惑に勝てず、娘には

ガーリックシュリンプとポテト。

f:id:funvox2020244:20170408191051j:image

「パパ、あたま、どうぞー」。

 頭かい。

パパはシャレオツに、

シャンパンなんぞを頂きまして。

f:id:funvox2020244:20170408170903j:image

ほろ酔いで、勿論、桜も愛でましたよ。

f:id:funvox2020244:20170408191606j:image